EDの疑いを感じたら、まずは遠隔診療で

バイアグラは正しい知識を持って使えば安心であると思います

私は広島在住の52歳男性です。
私はバイアグラを試してみた事は有りませんし、今のところ勃起不全(ED)や、性的不能(インポテンツ)などの症状が無いのでその必要性を感じた事が有りません。
良く耳にしたのはある程度の高齢の方が服用した際の副作用について聞いた事があります。

特に心臓病を患っている方はきちんとした医師の診断の元に服用された方が良さそうです。
最近は病院での診断以外にも、インターネットで医師から診断を受けられる遠隔診療というものがありますので、病院が遠いという広島の方も、より便利に診断が受けられます。

又、バイアグラを間違えた解釈で捉えている方も多いと思いますが、決して性欲を高めたり、精力を増強させる物では無いう点です。
私も間違えた解釈をしておりました。
どうも血流を良くする為の体質改善やその補助をしてくれる薬の様です。
ですのでバイアグラの服用を考えている広島の方は、バイアグラを飲んだからセックスに強くなる物では無い事を良く理解する必要がありそうです。

ただ、血流を良くする事で自分の健康改善や、いざセックスと言う時にはその効果が感じられる薬なのだと思います。
正しい知識を持って医師と良く相談しながら使えば、あなたご自身に見合った効果が得られると思います。

バイアグラとシアリスの違いについて

バイアグラは、1998年に、アメリカのファイザー社から発売になり、その後、シアリスは、バイアグラにはない作用をもつ新しい薬として、2003年に、アメリカのイーライリリー社から発売になりました。
それぞれ、作用機序に違いがあり、使用する人の使用感によって使い分けることができます。

特徴としては、シアリスは、食事による影響をあまり受けません。
バイアグラは空腹時に服用しないとあまり効果がないとのことでしたが、その点、シアリスは食後に服用しても効果があるようです。

また、作用時間に関してはバイアグラとシアリスで大きな違いがあります。
バイアグラは、作用が出現するまでの時間が短い、要するに即効性があるというというのが特徴です。
パートナーとよいムードになってきた、ここぞというときに服用することで、短時間で効果が出現します。

一方シアリスは、服用後、3日間ほど効果が持続するのが特徴です。
3日間効果が持続するので、パートナーとのデート前などに服用でき、パートナーに、服用していることを知られるのが嫌な人にとってはとても良い薬といえるでしょう。
広島でもED治療薬の処方を受けるためのオンラインでの遠隔診療が可能となっていますので、最近EDの疑いがある、という男性はぜひ利用してみてください。